Starlight Ensign

造語依頼フォーム開設

アージャさんのアリニアを見ていると,造語依頼フォームというものが案外いい感じで造語リストの拡充に寄与しているらしい.なので,自分のところにもつけてみた.

造語依頼フォーム

イジェール語は文法や辞書をはじめとした全てのコンテンツはオープンであるものの,広める為の活動をしていない.なので,そもそも学習者や興味を持ってくれる人の幅が狭く,このシステムがうまく働くかはわからない.とはいえ,やってみなけりゃわからないという側面は大きいので,試験設置してみる.

イジェール語の単語中文字頻度

文字頻度

イジェール語の単語中の登場回数をまとめた.eが一番多いかとおもいきや,aの方が登場回数が多いのは意外だった.子音はk,s,n,rあたりが多い.濁音は連濁規則があるので,g,zはk,sに合わせて増えている.

作者の想像と,実際の姿には結構ズレがあるということがわかった.

イジェール語の変更点(関係詞の格)

本日の変更点は,結構大きな変更点なので記事にも纏めておこう.

  • 関係詞zeに格標示機能が追加された.これにより正しく関係代名詞となった.また,fom ze mareが「見た人」なのか「見られた人」なのか曖昧であるという問題も,fom zef mare 「見た人」,fom zu mare 「見られた人」と明示されることで区別が可能になった.
  • これに伴い,動詞の連用形は廃止された.元々,fom ze mare = fom maren, fom ze ref mare = fom res maren というように,属格と組み合わせてze節を代用できる用法があったが,これは廃止される.

元々,動詞の連用形を用意したのは,どんなに短い節でもzeを使わないと名詞を修飾できないためであった.日本語なら「見ることをする人」なんてわざわざ言わなくても,「見る人」で良いし,英語なら「a man who watches」なんて言わずとも,「a man watching」で良い.こういう手軽さがイジェール語にも欲しかった.

-enという連用形を用意して,その動作主を属格で表す方法自体は,日本語でも「神の怒りの日」とか,英語でも名詞に近い動名詞なら動作主を所有格で表すことはできるので,特別変わった方法ではない.しかし,イジェール語では-inが「~される状態の」という形容詞,-enが「~する」という意味で区別することになり,能動と受動の区別がiとeという母音ひとつで識別されることになる.これは聞き間違いやすく,ze節の曖昧さを回避するという本来の目的にそぐわない.

結局,「曖昧である」という問題が「聞き取りにくい」という問題に置き換わっただけで,何も変わらない体系では意味が無い.そこで,今回の変更に至った.

これで問題があるかどうかは,もう少し例文を交えて考えていくことにしたい.

辞書・フォントDLページ開設

辞書・フォントDLページを公開してみた.一応web辞書は公開しているものの,PDIC用の辞書そのものを公開しておいたほうが,便利なようである.

あと,フォントはこれは確実に公開しておいたほうが便利だろうと思うので公開してみる.

フォントの改訂,辞書の機能追加

今まで使っていたイジェール・ジオメトリック・サンセリフフォントに,大文字を追加した.
キャプチャ
これによって,固有名詞や略称を含んだ(つまり大文字を含んだ)文字列も正常に表示できるようになったので,これに合わせてオンライン辞書にイジェール文字による表示機能を付けた.アップロードしてあるフォントファイルを読み込んで表示するので,閲覧者のPCにフォントがインストールされていなくても読める.

次にやろうとしているのは,筆記体フォントの作成と単語の拡充である.単語拡充は永遠の課題として,筆記体の方は形状の策定は終わっている.
Image
こんな感じ.全体的にラテンアルファベットの筆記体よりも折り返し?が多くて書きにくそうだが,昔のドイツ式の筆記体なんかを見ると,これでもやっていけるだろうという気になる.

取り敢えず,足元の地固めは大方済んだ.動詞のアスペクトもそれなりに考えたし,派生の基本的なルールも揃えたので,あとはひたすら造語していくだけだ.まずは大々的な例文が書けるくらいの語彙数には持っていきたい.特に,現在のイジェール語は動詞周りの策定が遅れたせいで,1000語以上あるにもかかわらず動詞が150語程度しかないと言うバランスになっている.基本の動詞はさっさと追加していかないと,文章作成もおぼつかない.