T-1 パビディーチリ(T-1 Победитель)

T-1の画像
乗員 3名
車体全長 7.2m
全幅 4.2m
全高 2.3m(砲塔含まず)
重量 52t(基本車体)
エンジン 1500馬力 ディーゼルエンジン
最高速度 80km/h
装甲 外装式複合装甲
行動距離 550km
兵装 T51 125mm45口径滑腔砲
MG110 8mm同軸機銃
MG110搭載RWS 2基

T-1 パビディーチリは連合の主力戦車である。本車は、スパイク装輪装甲車の開発によって装甲戦闘車両の共同開発に関するノウハウを手に入れた連合が、より脅威度の高い戦場へ送り込むための車両として誕生した。

主砲として125mm45口径滑腔砲を搭載しており、対装甲車両戦闘については申し分ない性能を誇る。固定カメラを車体に4基、砲塔に3基装備しており、RWSと一体になった物を含めた可動カメラを3基搭載している。これによって車外の視界確保と視差による測距を行うことで、開口部を減らしている。また、複数のカメラを連動させて用いることで高いFCS性能を誇り、主砲の初弾命中率は行進間であっても90%を超えるという。スパイク同様NBC防御、車両内外の圧力差への対応、惑星の重力に合わせたモジュール選択により惑星を選ばない広範な使用が可能である。ただし、主砲のFCS調整については惑星上での試射が必要となる。

目立った欠点としては、大型すぎる構造と外部視察装置の少なさが挙げられる。連合の装備にはありがちなことであるが、拡張性や機能性を重視した結果、計画は次第に肥大化していった。例えば幅は3m程度の計画であったはずが、完成してみれば4.2mにもなってしまっていた。市街地での戦闘を考慮し充実させた側面防御が仇となり、市街地での行動を制限する結果となってしまった。外部視察装置の少なさについては、軍がトップアタックを病的に恐れ、開口部を徹底的に少なくすることを要求したために起こった。カメラに頼った観測は軍上層部には評判がいいが、現場の兵士の中には直接自分の眼で見なければ安心できないという者も少なくない。

このような批判や欠点はあるものの、本車は容積的にも構造的にも発展余裕が大きいため、数十年は本車が連合の主力戦車であり続けることが期待されている。

外観

T-1の画像
T-1の画像
T-1の画像
T-1の画像
T-1の画像