スパイク装輪装甲車(Spike APC)

Spikeの画像
乗員 3名+兵員6名収容
全長 5.9m
全幅 2.3m
全高 2.5m(砲塔含まず)
重量 15t(基本車体)
エンジン 8気筒ディーゼル
整地速度 80km/h
装甲 モジュラー装甲
行動距離 800km以上
装備可能兵装 MG3 20mm機関砲
MG110 8mm機関銃
АГС-4 40mm擲弾発射器

スパイクは連合の装輪装甲車である。惑星表面の急速な都市化と移民の定着に伴い、軌道防衛軍及び強襲降下軍は新たな汎用装甲戦闘車両を必要としていたが、同時に増大していく脅威に対抗する為に進深宇宙軍の艦艇を更新する必要があった。結局、宇宙艦艇の更新により多くの予算を割くために防衛軍と降下軍の装甲戦闘車両開発計画は統合され、モジュールの交換によって様々な任務へ対応することとなった。

両軍の希望を取り入れた結果、スパイクは幅が狭い代わりに全高が砲塔を含め約3mという車両となってしまった。これによって投影面積の増大及び走行性能の悪化を招いたが、引き換えに快適な居住性と装備搭載の余裕を得ることとなった。また、量産効果により価格は低く抑えられており、部品の流通量の多さから稼働率も高い。

本車両はNBC防御、車両内外の圧力差への対応、惑星の重力に合わせたモジュール選択により惑星を選ばない広範な使用が可能である。8輪のコンバットタイヤにより、パンクしてもそのまま走行が可能である。開口部は上部ハッチ及び後部ランプのみとなっており、上面開口部を減らすことでトップアタックにもある程度対応している。

外観

Spikeの画像
Spikeの画像
Spikeの画像
Spikeの画像