ドラゴンフライ級駆逐艦(Dragonfly class star destroyer)

SD-1の画像
艦種 レーダー駆逐艦
全長 91m
直径 205m
機関 4段ワーププロップエンジン 1基
加速力 2G(巡航時)
乗員 30名
兵装 А-53-2「アルバリェート」70mm80口径レールガン 6基12門
LFL-3 アクティブフェーズドアレイレーダー 18基5958素子

ドラゴンフライ級はあらゆる脅威を可能な限り早く捕捉することを目的として開発された。Lバンドレーダーを装備した早期警戒艦で、複数機の連携により探知距離は100万kmを超えるとされる。通常の戦闘艦艇が装備している射撃管制ライダーでも探知距離100万kmを超えることは可能だが、その場合視野が1度にも満たない。本級は探知距離と前方約120度に及ぶ広大な視野を兼ね備えている。小型のデブリ探知などは不可能だが、他の戦闘艦の個艦レーダーでは探知不能な距離にある脅威を探知可能である。敵の位置情報を取得した後は戦闘艦艇にデータを送信し、各艦の射撃管制ライダーを用いた捕捉に移行する。

直接戦闘を行わないため、デブリ排除のためのCIWS以外に武装はない。一方、コストダウンを目的としてラスヴェート級の船体構造を流用している部分があるため、非戦闘艦艇にしては強力なアブレータや装甲を装備している。迎撃ミサイルのような能動的な防御手段は装備していないため、艦隊行動が基本となる。

外観

SD-1の画像
SD-1の画像
SD-1の画像