Starlight Ensign » Blog Archive » 文語体
Starlight Ensign

文語体

  • 初版:2013年09月30日
  • 更新:2015年10月31日

口語体と文語体

今まで述べてきたのは,すべて口語体である.イジェール語は口語体と文語体の差は少ないが,特に文学的表現を狙った文語体というものは存在する.

口語体との差

大きな差は

  1. 人称代名詞が異なる.
  2. 記述詞が形容詞と副詞に分離し,形容詞は-a(-anの記述詞はnを取り去る),副詞は-(e)mとなる.
  3. 同様に属格も代名詞以外は-is,-inに関わらず-aとなる.
  4. 副詞が動詞につく場合は動詞に後置する.
  5. 法記述詞は副詞として動詞の後ろにつく.
  6. 疑問文は語尾に文記述詞ne?を後置する.記述詞minを用いない.
  7. 命令は-aではなく記述詞zardaを用いる.
  8. 完結相が-itteraではなく-itteになる.

の7点である.これらは古語に由来するが,実際の古語とは異なるため偽古体とも呼ばれる.人称代名詞は下表の体系になる.

人称 主格 属格 対格 与格
一人称単数 va vo vis van
二人称単数 ta to tis tan
三人称単数 ara aro aris aran
一人称複数 vara voro viris varan
二人称複数 tara toro tiris taran
三人称複数 arara aroro ariris araran
  • korne dirin|赤い剣
  • korne dira|赤き剣
  • res renke sarisin|私の魔法の林檎
  • vo renke sarisa|我が魔法の林檎
  • mef min res tak?|お前は私の敵か?
  • ta vo tak, ne?|貴様は我が敵であるか?